週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2022-06-13

“ドキドキと癒しの極上時間”を堪能したいならココだ!…上野の個室サロン「Uroom(ユールーム)上野店」

[上野 メンズエステ]

今日の撮影は上野で行われました。私のスタジオ兼住居のある足立の隣の区なので親しみがあります。小さな駄菓子屋なんかがあったりしましたから…。
そればかりか、高校生になってからは「バイク屋街」にも出入りするようにもなっていたので、大学を卒業するまでは、入り浸っていたんですよ。
バイク本体を買う事はなかったのですが、当時はバイクウエア=革だったので、ジャンパーやグラブはよく物色・購入していました。今でも使っている革ジャンもあるくらい、愛着があるんですよ。

そんな私が岩倉高校の近くの駐車場に愛車のレガシー・ワゴン改を駐め、昭和通りの四つ角でスタンバっていると、東上野方面から営業担当のCさんが歩いて交差点を渡ってくるのを視界に捉えました。

駅前にちょうどいいパーキングがなかったので、彼は私が岩倉高校方面から来るだろう事を想定して路上での待ち合わせにしてくれたのです。気の利く男です(笑)。

「お疲れ様です。この辺りはFセンセイの地元みたいなものでしょうから“ヴイヴイ言わせて”我が物顔で撮影してくださいよ(笑)」

「“ヴイヴイ言わせる”って、平成の匂いがするんですけど(爆)」

思えばCさんは、私より年上の40代後半のはずです。表現が寄る年波が「面白い」ですね。私としてもヤリ易いのは確かです。

そんな冗談を言いながらメンズエステ(マンション型)「Uroom(ユールーム)上野店」へ向かっているとお店の入っている建物の前に到着です。JR上野駅から徒歩約5分(東京メトロ「上野」駅、京成「上野」駅も利用可)でした。
そこからCさんは店長と連絡を取って、完全個室の施術ルームへ。ここは、ワンルームマンションでセラピストと1対1で対峙するシステムを取っていて「ふたりだけ」を具体化できる場所なのです。

その「極上空間」ともいえる「Uroom(ユールーム)上野店」の施術ルームが、本日の撮影の舞台でした。
到着して担当Cさんがインターフォンでセラピストを呼び出すと、「は~い。少し待って!」という明るい声の返事が聞こえてきます。モデルを務めてくれたN嬢でした。
彼女は。整った顔立ちと美形の持ち主で一見したところツンと冷たく感じてしまいがちですが、話してみると口調が柔らかで優しい感じのするセラピストですか。大きな胸を揺らしながら、

「冷たくないですよ(笑)」

と微笑しながら訴えていました。

私は全体的にモデルばりに整った雰囲気を出すために、スチール写真撮影では、笑顔を重点的に狙います。お互いに“計算”してポーズを造ったわけではないのですが、自然と笑みがこぼれてきて可愛かったですよ。

「名鑑はここまで~。休憩後は動画を撮ります!」

私は休憩時間を使って、Cさんと一緒に照明を動画用に換えました。N嬢には男性モデルを呼んでもらい、いよいよ動画撮のスタートです。

「用意!はい、回った!!」

私の掛け声で撮影がスタートすると、N嬢は手のひらにオイルをすくって、男性モデルに塗り込むようにマッサージをしています。
片手ずつお客モデルの体を撫で廻していったり、手の甲から指を施術したりと、見た目はゆったりとシているのですが、内実は圧のかけ方や緩急の付け方に凝った技を施しているのが分かります。
「美形のセラピストにドキドキしている間に、自然とリラックスさせられている」状態ですね。リンパへの施術も上手そうでしたね。

こうして全撮影を無事に終えました。打ち合わせに残るCさんと分かれて、私は「昇龍」の餃子を買って帰りました。夕食が楽しみです!


Uroom(ユールーム)上野店の動画はこちら。

-->