週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2021-04-28

20代中心のセラピストが“大人の隠れ家”で日常から解放された時間を提供!…「南浦和Collection」

[大宮・浦和]

今日の私はすこぶるご機嫌でした。撮影予定が南浦和(さいたま市)の一般(マンション型)エステ「南浦和Collection」だったのですが、足立の私の事務所兼住居から自然渋滞に巻き込まれないで道中、順調だったからです。裏道を使い、ナビの示した所要時間よりも早く着いたんですよ。まぁ、単純な話しなのですが…。

そんな気分のなか、クルマをパーキングに駐めて待ち合わせのJR南浦和駅西口のエレベータ下で立っていると営業担当のGさんが現れました。

「お疲れ様です」

お互いに何となく口にすると、Gさんは三脚を持ってくれて「南浦和Collection」に向けて歩き出しました。私は黙ってついて行きます。
コンビで撮影周りをする事が多いので、この辺は「あうん」の呼吸ですね。自然体でイイ関係だと思いますよ。

ちなみに旧浦和市(現在は大宮市と岩槻市と合併して「さいたま市」)は、浦和駅はもとより、東浦和、西浦和、南浦和、北浦和と東西南北に駅がある地として有名でした。その中で南浦和は武蔵野線と京浜東北線の乗換駅として栄えていましたが、埼京線が開通して「武蔵浦和駅」が誕生して以来、どうも影が薄いんですよね。
なぜ、こんな説明をしているかというと、そこが「大人の隠れ家感」を演出していて、エステにはピッタリな場所とも言えると思うからです。

その南浦和駅から歩いて約5分、目指す建物前に着くとGさんは店長に連絡をして、次の動きの確認をしているようです。
結果、事前の打ち合わせ通りに完全個室の施術ルームへインする事となりました。

部屋の前からインターフォンを押すと、室内からは「撮影の方ですよね? 店長から聞いていますよ。お入りください」という声が。

ドアが開くと、そこには本日のモデルを務めるセラピストのC嬢が、

「おはようございます。可愛く撮ってくださいね」

と、目の覚めるようなブルーと白をあしらった施術着で迎え入れてくれました。
そのミニスカ部分は、肌にぴっちりと密着して“タイト”でした。下腹からウエストまでのラインの、程よい艶めかしさが男心をソソります。セラピストの年齢層が20代中心だそうなので、ちょうどイイ「成熟具合」です。

私とGさんは、既にメークも終わらせて撮影準備のできているC嬢を「これ以上お待たせしては失礼だ」と言わんばかりに、急いでスチール写真用の照明をセットします。

「では、名鑑撮影からイきますね!」

私はC嬢に声掛けして、足を体の前に投げ出す感じのポージングをしました。モモのムチムチした肉感と脚が長く見える効果を狙っての指示です。
そのまま、足先からアゴまで(顔出しNGなので)を入れ込んだバージョンと、位置はそのままで上半身からアゴまでの寄り(アップ)気味のカットを撮ってスチール撮は終了しました。

この時点でお客役の男性モデル(スタッフと思われる)も待機していました。
なので、C嬢にメークのお色直しと水分補給、私と担当Gさんは照明を動画用にセッティングして、いよいよメインの動画撮影のスタートです!

施術シーンのC嬢は、全身を滑らかにマッサージしていきます。さらに、足裏を“(拳を)グー”で押したり、手の指を1本ずつ丁寧に伸ばしたりと、体の端々までを強弱をつけて刺激していたのが印象的。高級オイルを使ってのリンパマッサージも、気持ち良さそうでした。

また、「ディープリンパ」「衣装チェンジ」「オイル3倍」のオプションもあるので、こちらも気になるところですね!

こうして撮影は終わり、私は打ち合せで残るGさんを置いてひとりで表へ。駅前の丸広百貨店で「乃が美」が「生」食パンの販売会をやっていたので、1本(2斤分)買って帰りました。明日からの朝食が楽しみです(笑)!!


南浦和Collectionの動画はこちら。

-->