週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2023-09-17

基本的には“スローハンドディープリンパ”なので、施術中はセラピストと1対1で、ゆったりとした時間の流れの中で『癒し』を得る事ができます。アロマオイルで隅々まで、優しく丁寧に接してもらってください。

[横浜・関内 メンズエステ]

今日の撮影は横浜遠征でした。

街全体としては、洗練されたイメージがありますが、実はエステの激戦区でもあります。
そうした中で、訪れた(マンション型・出張派遣型)メンズエステの「Devils SPA~デビルズスパ」は、市内に数か所の施術ルームを持っています。
撮影でお邪魔した「横浜駅西口店」(「横浜西口スイートRoom」)をはじめ、その近くにある「はなれ別館横浜駅前」と「東神奈川駅前店」、「伊勢佐木町店」(「伊勢崎プレミアroom」)、「関内店」(「関内駅前ロイヤルroom」)と、広い市内を網羅しているといった感がありました。「HEAVENs コース」で、楽しめます。

加えて、シティホテルやビジネスホテル、自宅(要問合せ)へセラピストを派遣する「DEVILs コース」もあります。快楽には「天国と地獄」の両面が存在する、というわけですかね。
どちらにせよ、お客にとってはありがたいシステムですよね。

今回の撮影場所は「横浜西口スィートRoom」だったので、私は駅前の商業施設に駐車して待ち合わせの西口へ行くと、そこには既に営業担当のTが待っていました。

「お疲れ様です」と挨拶すると、「それでは参りますか!」とTは歩き出しました。といっても、出会い系の待ち合わせでよく使われる「ドンキ」の前を過ぎるとスグでした。
そこからTが店長に連絡して、完全個室の施術ルームへ誘導されて行きます。

施術ルームへ入ると、

「おはようございます。店長から聞いていますのでメークを済ませて待っていましたよ」

と言って、セラピストのN嬢が笑顔で対応してくれます。スレンダーなのに、要所要所は発達しているボディが、オジサン(私の事ねw)の脳にビンビンと刺激してきました!

私はストロボを素早くセットして「名鑑からイきますよぉ」と、早くもニコンを構えます。

「えっ、準備が速っ。ファンデの最終確認しますから、少しだけ待ってください!」

「顔出しNGでしょ?」

「気持ちの問題ですよぉ。“撮影する”って、気分をアゲていかないと(笑笑)」

「じゃぁ、その“アゲアゲ”でイってみましょう!」

そう言いながら、私はN嬢のウエストがキュッと締まりながらも、突き出た胸が自己主張する(つまり、スタイルの良さを強調しただけww)ような撮り方をして、スチール撮影を一瞬で終わらせました。

「では、次に動画をヤるから男優さんの手配をヨロシクです」

私はN嬢に告げると、Tとともに照明を動画用にチェンジしました。

その作業をしているうちにお客モデルのスタッフが店長に連れられて入室。さっそく動画撮影のスタートです。

私ら撮影クルーは店長とは挨拶だけを交わして、すかさずカメラを回しはじめました。N嬢のくびれたウエストは、ここでも視角効果を存分に発揮しています。特に、それは背面へのマッサージの時に如実に現れていて、実際のハンドマッサージよりも腰に目を奪われてしまいそうになりました(←私だけか?ww)。
背中のほかにも、足指の施術は、私には効きそうでした。

基本的には“スローハンドディープリンパ”なので、施術中はセラピストと1対1で、ゆったりとした時間の流れの中で『癒し』を得る事ができます。アロマオイルで隅々まで、優しく丁寧に接してもらってください。

こうして撮影は終わり、Tはそのまま居残って店長と打ち合わせを。私は西口まで戻って、崎陽軒の「シウマイ弁当」を10個買って帰りました。夕べ、地元の居酒屋で飲んでいる時に「オレも!アタシも!!」と頼まれたからです。
「パシリかっ!?」と、ツッコミたくなりましたよ。トホホ。

-->