週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2020-06-26

ワンランク上の“こだわり”が垣間見える一般エステ! 横浜・関内の「YURU SPA ゆるスパ」

[横浜・関内]

今日の撮影は、久しぶりの横浜遠征でした。お店は、横浜駅東口と関内(ともに横浜市)にある一般(マンション型)エステの「YURU SPA ゆるスパ」です。
今回は、こちらの横浜店を使っての撮影なります。

場所はJR横浜駅東口・みなみ東口から徒歩5分なので、営業担当のSは東口から徒歩でお店へ向かいます(ちなみに「関内店」はJR関内駅北口から徒歩2分です)。お店に行く途中にちょうどパーキングがあるのを調べておいたので、私たちはそこで合流しました。

そうして目指す建物につくと、あらかじめ撮影のアポを取ってあるためにスムーズに完全個室の施術ルームへ案内されます。

そこには、本日のモデルを務めてくれるセラピストのB嬢と男性スタッフが待機していました。スタッフが、

「本日はお疲れ様です。店長は今、手が離せないので後程ご挨拶に寄らせてもらいます。準備はできておりますので、先に撮影をはじめてくださいとの事です」

と丁寧に状況を説明してくれました。

「よろしくお願いしますね。まずは、どうしますか?」

と、セミロングのサラサラ・ヘアーを揺らしながら(ほかの部位も揺れていたw)B嬢が尋ねてきます。

私は「単体撮影からいきましょう。ストロボを立てるので、ちょっとだけ待ってください」。

そう言うと、私は担当Sに手伝ってもらって素早く2灯を立てました。

「では、お待たせしました」

私はB嬢に向かって「オーソドックスに撮りますから。上半身を正面からと斜めからをメインで」と言いつつ、手の位置の指示も出していきます。せっかくの胸が制服で隠れては勿体ないので「腕を使って、胸をさりげなく持ち上げるように」してもらいました。
こうすると、谷間が見えてイイ感じなんですよね!

そうやってスチール撮影が終わり、B嬢に休憩を取ってもらっていると先刻のスタッフが再び現れて今度はお客役のモデルへ。

私ら撮影クルー(といっても、私とホントは営業担当のSの2人のみww)は、動画用の照明に替える作業を瞬時に済ませます。全体に「明るさ」と「暖かみ」を出そうと、ルームに入った時から考えていたんですよ。

実際に撮影中のB嬢のスラリと細い太腿部のあたりにも、照明が当たって艶めかしく映っています。もともと、痩せているだけではなくて要所の肉付きは女性らしいラインを描いているので、「大人の魅力」もいっぱいでした。

施術の方はオイルをたっぷりと使った独自のリンパマッサージで、「気持ち良さ」「さっぱり感」を提供。
さらに、水溶性の無香料オイルを使用したり、肌触りのイイ「今治タオル」を用意したりと“おもてなし”が随所に見られました。

まさに“ワンランク上の”気配りを感じずにはいられない施術タイムでしたね。

こうして撮影を終わらせると、担当Sは店長と打ち合わせに。私は、港方面へ愛車を向けて、旧バンドホテル(現在は跡地がMEGAドン・キホーテに)下のベイサイドのカフェでコーラを飲みながら、ひとり潮風を堪能してから足立区方面へ帰って行ったのでした。


YURU SPA ゆるスパの動画はこちら。

-->