週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

2020-01-20

恵比寿のメンズエステ「Sweet ~恵比寿ROOM~」はすさんだ都会の日常をシックな個室で癒してくれる!

[恵比寿・中目黒]

私は、営業担当のGと撮影機材を持って、一緒に坂の多い恵比寿の街中を小走り気味に進んでいました。
コインパーキングが少ないので、駐車に予想以上に時間がかかっちゃったんです。
今日はメンズエステ「Sweet ~恵比寿ROOM~」で撮影の仕事でした。

というわけで、目指すお店に到着!
このエステはマンションの一室にあって、店内に足を踏み入れると、駅前の喧騒がウソのようにシックで落ち着いたたたずまいをしているマンションエステなのです。

そのギャップが、“隠れ家的”な雰囲気を醸し出していて、それだけでもう、タマらんのですよねぇ。店内は完全個室で広いから、ゆったりと遊べるのがSo Good!

私は支配人に挨拶もソコソコに、すぐに撮影の準備に入ります。細かい打ち合せ(広告等の「大人の問題」ね)はGに任せて、とにかくセラピストを「より綺麗に、より官能的に!!」撮る事だけに集中できるから、気合いが入ります。

今日のお店は個室が広いからストロボを2灯立てらたのが良かったなぁ。私のテンションは丸上りですヨ!

そこに「よろしくお願いします」と、やって来たのが本日のモデル、セラピストのA嬢です。全体的に清楚な感じなんだけど、内巻きに軽くカールした髪がセレブ感を醸し出していてバランスのいい美人と言えるでしょう。

私はヌードでもないのにアドレナリンが体を駆け巡り、特に股間が苦しい程になるのを自覚しながら「よ~し、イってみますかっ!」と、スチール撮影をスタートさせます。

普段の私は気弱で、後輩からも小馬鹿にされているフシがあるんだけど、カメラを持った時(だけ)は無敵になります。
気分がハイになって、A嬢への掛け声も「いいよ、いいよぉ~」から「メッチョ、メッチョッ~!」と、意味不明なワード『いつものワード』に代わっていました(笑)。

で、いよいよメインの動画撮影へ。
ここで照明をストロボ光からつけっ放しのタングステンに換えたうえに、天井に反射させるようにして淡いセッティングでキメてみました。

そして、今度はお客様役として、セラピストのB嬢が登場。こちらもスタイルが良くて、私の脳内は「妄想3P」状態デス。

ここはメンズエステなので、セラピストが下着や水着でないのが残念。
でも、A嬢の施術を眺めているだけで私のぺニ棒は照明と同じ角度で天井に向いてきます。

「うっ、股間が苦しいっっ」などと不謹慎な思いとともに私は彼女の動きを追います。
全体を軽くほぐしてから、アロママッサージに移るとお客役のB嬢の内モモの肉が微かに震えているのがレンズ越しに分かりました。
あらかじめ動画の時は極力声を出さないように打ち合わせているので、B嬢がくすぐったいのか声を“ガマン”しているんですよ。苦悶の表情で…。

特に俯せからのふくらはぎからモモのライン、仰向けからの全身へのアロママッサージの刺激が気持ち良さそうでした。

「たまらんぜよ!」と、なぜかここだけ土佐弁で心の中を呟いた私は無事に撮影を終了。
帰社するG氏を送っていく車内では、すっかり気弱な顔に戻っていましたが胸の内はマン足感でいっぱいでしたよ(笑笑)。


Sweet ~恵比寿ROOM~の動画はこちら。

-->