週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

2018-01-22

「お帰りなさい、後主人様」と可愛いメイドが出迎えてくれるエステ店!…蒲田・メンズエステ「アロマーメイド 蒲田店」

[蒲田 メンズエステ]

今日の私は、下着代わりに上下ともアウトレットで買ったヒートテックで寒さ対策をして蒲田(大田区)にやって来ていました。
撮影対象は(マンション型)メンズエステ「アロマーメイド 蒲田店」で、具体的にはいつものセラピストのスチール写真と施術の動画撮がミッションです。

クルマをJR駅東口近辺のパーキングに入れて、私は待ち合わせたロータリーで営業担当のCさんを待っていました。Cさんは私よりも年上で、数々の営業の修羅場を潜り抜けてきた猛者です。なかなか味があります。

そのCさんは、時間通りに待ち合わせ場所に現れました。

「お疲れ様です。Fさんは、いつも早いね」

口調も軽く、バブルの香りが微かに感じられて私は好感を持っています。そういえば、駆け出しの頃には、こういったノリのアド・マンが男女問わず大勢いたような気がします。そして、決まって仕事ができる!
なので、私は「お疲れ様です。今日もCさんにお任せっス!」と言い、歩き出しているCさんの後を追いかけて行ったのでした。

ただ、それも束の間「はい、ここよ!」とCさんは、目指していた(マンション型)メンズエステ「アロマーメイド 蒲田店」の入っている建物の前で歩を止めます。約5分で到着です。そこから店長に連絡して、直で完全個室の施術ルームへと私たちは入って行きました。

すると、そこにはメイド服姿のセラピスト・N嬢が待っていてくれて、

「お帰りなさいませ、御主人様」

と言って、私ら2人を迎え入れたのでした。

「??」

どうやらN嬢は既に“本気モード”に突入しているらしく、いつもお客を迎える時のような振る舞いをしているみたいです。

「とにかく可愛く撮ってくださいね」

と言いながら、ウインクを送ってきて「このメイドモードにつきあってください」と、私にしか聞こえない小声で呟いていました。プロ根性が座っているのか天然なのかは分かりかねませんが、「やる気満々」さは充分に伝わってきました。
こういう、仕事に対する熱心さは嫌いではないので、私も照れ等は捨てて正面から要望に応えていこう、と身を引き締めたのです。

最初にヤった名鑑用のスチール写真撮では、黒いメイド服が光を吸収しすぎてもいけないので、色白の肌目が潰れるギリギリの光量でN嬢を捉えて連射していきました。
オーソドックスに上半身正面からと、両腕を体の前面でクロスさせて胸を強調したカットも加えておきます。

「単体はここまでです! 休憩のあとには動画撮影にイきますのでNさんは男優サンを呼んでおいてください」

この間に私とCさんは手際よく照明を動画用に換えて、ひと息つきました。
そうこうしているうちに、お客モデル(男性スタッフ)が合流して、いよいよ動画撮はスタート!

それにしても、施術のスムーズさは当然としてもメイド服のままでマッサージをする姿は妙にソソられるものがありますね。私は心の中で「萌え萌えぇぇ~(古ッw)」と叫びながら、動画モードに切り換えた愛機のニコンD7500で必死にN嬢の動きに喰らいついていったのでした。

特にうつ伏せにしたお客モデルの臀部に跨って背面をマッサージしたり、オイルを塗りたくった脚を片方ずつ施術するスタイルは、効き目が凄そうでした!

これだけでも「超萌え」なのに、さらに「パウダー」や「ホットジェル」などのオプションも多数ある(要問合せ)との事なので、楽しみですよね。
「ふたりっきりの至福のひと時」を過ごせるはずです。

こうして私と担当Cさんは、心地良い疲れと達成感のなか「ひと仕事終えた」のでした。

-->