週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2021-01-08

池袋の一般エステ・「メンズエステ昭和倶楽部」は、ゆったりとした“大人の時間”が流れる癒しのスペースだ!

[池袋]

今日の撮影は東京屈指の歓楽街・池袋にある一般(マンション型)エステの「メンズエステ昭和倶楽部」で、行われました。
営業担当のOさんとは、JR(ほか各線)池袋駅西(北)口で待ち合わせをしています。

「お疲れ様です」

時間通りに担当のOさんが現れます。挨拶を交わして、お目当ての建物に向かって歩き出しましたが、西(北)口からは5分という近さに驚きです!

その短い道中の事、Oさんは私に「きょうのエステのセラピストは30代がメインですから、『大人の女性』好きのFさんは“いつも以上に”楽しめると思いますよ」と、したり顔で頷きながら、呟いたのです。
それも、芝居がかった小声(声を小さくする必要は全くナシw)で、です。

「気を遣って教えてくれてアリガト、Oさん!」と、私は胸の内で囁いて感謝していると、目指す「メンズエステ昭和倶楽部」の入った建物に到着しました。

そこでOさんは店長と電話で連絡を取って、私たちはすんなりとワンルームタイプの施術ルームへと案内されて行きます。

その施術ルームには、装飾として黒電話等が置いてあり「昭和感」がいっぱい。私は、幼き日を思い出してホンワカした気分になりましたよ。

「おはようございます!」

私がノスタルジックな気分に浸りかけているところに、本日のモデル役を務めてくれるセラピストのA嬢が明るく挨拶をしながら、目の前にやってきました。

A嬢は、担当のOさんが「セラピストの大半が30代」と言っていたように、多分、30代と思われます(小心者なので、なかなか女性に年齢が聞けない)。「大人の」落ち着きと身のこなし・熟成されたボディを持っていました。

それでいて肌はきめ細かくて、張りもあります。この点だけは、“現代風”でした。将来は「美魔女」と呼ばれる部類の美形と若々しさが全身から滲み出ていましたよ。

そのA嬢を、私は組み立てた照明セットの下に座らせてさっそくスチール写真をバシャバシャと「(ストロボのバッテリーを)チャージ&シュート」を繰り返して、アッという間に単体撮影を終らせました。ニットのシャツの下に隠された巨乳が、ポージングごとに「プルン」と揺れる様が、なんとも色っぽかったです。

「では、休憩を挟んで動画撮影に行きま~す」

私はA嬢とスチール撮の途中に室内に来た、男優(多分、スタッフと思われる)に向けて小声で叫びました。

その休憩の間に、担当Oさんとともに照明を動画用に切り換えた私は、最終的な「位置取り」の確認を全員でして、いよいよ動画撮影をスタートさせました。

私は「昭和感」を出すために、ウォームトーンを少しだけ効かせたフィルターをレンズに装着して、A嬢の動きを追っていきます。

A嬢は優雅とも見える「ゆっくりとした」動きで、お客役モデルをオイルマッサージで癒していっていました。“くるぶしから足指”や“手指”へも、しっかりとした施術で凝りをほぐしていく細かさには「さすが!」と言わざるを得ません。

ここで施術時に使用している「ノイル」は、水溶性で主成分は保湿性の高い高濃度グリセリンに加えて、ヒアルロン酸やセラミドなどの14種類の美容成分がミックス。美容液のような効果で潤いの肌作りをサポートしてくれるのが嬉しい点ですね。

こうして、昭和感溢れるルームで「癒しの空間」ごと動画に切り取って、撮影は終了しました。
私は打ち合せで残るOさんと別れて、愛車をピックアップ。久々に東口にまわって「回し鮨 若貴」で、たらふく鮨をいただいて帰って行ったのでした。


メンズエステ昭和倶楽部の動画はこちら。

-->