週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2020-12-30

独自の採用方式で厳選されたワンランク上のセラピストと「癒しの空間」を!…池袋、要町・一般エステ「Aroma Hisui ~翡翠~」

[池袋]

今日の撮影の待ち合わせは、東京メトロ有楽町線・副都心線「要町駅(豊島区)」の地上出口でした。池袋の隣駅に位置しますが、繁華街ではなくビルやマンションが並ぶ“フツーの街並み”です。

そこにある一般(マンション型)エステ「Aroma Hisui ~翡翠~」の“要町ルーム”が、本日の現場になります(他にも池袋駅西口の“池袋ルーム”もアリ)。
池袋からも行きやすいように、池袋駅からタクシーを使った場合の割引きもあるので、利用してみるのも手ではないでしょうか(要問合せ)。

私は愛車を近くのパーキングに駐めて、営業担当のKさんを待ちました。クルマ通勤の場合は、余裕を持って先に来ている事が多いのです。すると、

「どうも、お疲れ様です」

と、担当のKさんが地下から上がってきました。

そんな日常の挨拶を担当のKさんと交わして歩き出すと、「ここですよ」とKさんは足を止めて店長に電話連絡をしています。駅からスグ、“徒歩で1分かかるかどうか”という距離です。駅チカというよりも「駅スグ」ですよね。驚きました。

撮影の方は既に段取りがついていて、私たちは直接に完全個室の施術ルームまで誘導されました。そこでは、本日のモデルを務めてくれるセラピストのA嬢が待機していて、

「おはようございます。今日はよろしくお願いしますね」

と、丁寧に挨拶をしてくれました。

私は、Kさんとストロボを組み立てながら、

「名鑑から撮りますね。照明をセットしますから少しだけ待っていてください」

と、撮影の順番を説明しながら手際よく2灯ストロボの位置を決めていきました。

A嬢の施術着はグレーのタンクトップに白のミニスカ。季節がら乾燥肌だと映えないので保湿クリームを塗りながら「肌がカサカサだとか、言いふらさないでくださいよ(笑)」と、笑っています。

黙っていると「クールな美人風」ですが、笑顔もまた素敵でしたよ。
その彼女には斜め対角線上にストロボ光を当てて、オーソドックスに単体写真を撮っていきました。美形(顔出しナシですがw)なので、小細工なしで充分です!
さすがは独自の求人・採用方式で集めたセラピストですね。レベルの高さが伺えました。

「それでは次はメインの動画撮影にイきますね。Aさんは水分補給をしたら、男優さんを呼んでおいてください」

そう頼んでおいて、今度は動画用の照明をセッティングしました。施術ルーム自体のトーンが暗色系になるので、明るすぎないように調整(明かりが浮き上がらないように)します。

そこでお客役モデル(男性スタッフ)が合流したので、軽く“流れ”の確認をして撮影をスタートさせました。

A嬢はお客役の胸部を円を描くようにマッサージしたり、アロマオイルを使いながらの施術等で「癒しのツボ」を押さえていきます。

また、お客を仰向けにした位置で膝を立たせて、まるで抱きかかえるようにして行うふくらはぎのマッサージも気持ち良さそうでした。お客役モデルの表情が和む事からも分かるし、筋肉の硬さが取れていく様子がレンズ越しにも感じられました。

なお、「オイル砲(大量オイル)」や「ホットオイル」「ディープリンパ」は全てのコースについているのも嬉しい点です。そのほかにもOP、スーパーOPがある(1000円~)ので、問い合わせてみてください。

こうして撮影を終えて、Kさんは打ち合せで残り、私は脇道で大塚まで出てから明治通り~環七のいつものルートで帰って行きました。全体的にスムーズな“運び”に、私は満足していました。


Aroma Hisui ~翡翠~の動画はこちら。

-->