週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2020-09-04

北参道に“隠れオアシス”が!楽園空間で“快適な癒し”を可能にする一般エステ「北参道メンズエステ Edenエデン」を発見!!

[渋谷・代々木]

国立競技場の屋根を見つめつつ、将棋会館(藤井棋聖おめでとう!)の位置に見当をつけて眺めながら私はJR千駄ヶ谷駅(渋谷区)の改札脇にいました。今日はここから徒歩7分にある一般エステ「北参道メンズエステ Edenエデン」で撮影でした。

ホントは1番の最寄り駅の東京メトロ副都心線「北参道駅」徒歩1分(ほかにもJR代々木駅から徒歩6分)を使えば良かったのですが、持ち運ぶ機材を考えて“乗り換えが若干楽”なJRで来てみたんですよ(駐車場状況がよろしくないので電車を使いました)。

千駄ヶ谷も細々と変わっていて、神宮外苑プールはなくなるは、スワローズは強くなるは、藤井君(棋聖に対して「君」は失礼ですね)は加藤一二三よりスピード出世するは、でどうにも四十オジサンには隔世の感が有りすぎデス(苦笑)。
で、とどめは五輪用に造り替えた国立競技場…。それだけ、この界隈には“変わる余地”がまだまだあると実感した次第です。

そのうえに「北参道」駅もできて、アクセスも良くなっているんですから、まだまだ日本にも底力があるという証しですよね。
そんな事を、駅前を眺めながら考えていると、

「『北参道』を使えば、ほとんど歩かないのに…ブツブツ…etc」

と、小声でお小言を発しながら営業担当のKが現れました。

私は、先述した「乗り換え時の大変さ」を説いて、何とかKに機嫌を直してもらい「そういう状況じゃ、しょうがないか」と、2人して「北参道メンズエステ Edenエデン」の入っている建物へと歩きはじめます。

最寄り駅の中では「北参道」の徒歩1分には及びませんが、それでも徒歩7分の距離は遠くはないです。機材を持っていても、「あっ」という間でした。

「ほい、到着!」と言うと、Kはスマホを出して店長に到着した旨を報告、そのまま完全個室の施術ルームへと案内されました。

そのルームへ足を踏み入れると、すぐそこまでは都心の喧騒に包まれていたのがウソのような静かさです。もともと閑静な住宅街→ハイソなカフェや飲食店が点在する穴場、と言われていただけあって「隠れ家」のようです。

そのルームには、モデルを務めてくれたセラピストのM嬢と店長が待っていてくれて、挨拶後は、

「こちらの準備はできておりますので、カメラさんのタイミングではじめてください。仕込みの男優も呼んでいいなら、すぐに待機させますよ」

と、丁寧に仕切ってくれます。

私はお言葉に甘えて、男優さんをスタンバイさせてもらう事にして、店長とKが立ち話しをしている最中に、スチール撮影用のストロボを組み立てていきます。

「では、Gさんは帰りに寄っていってください。よろしくお願いします」と言い残して、店長は退室しました。
私はM嬢を座り位置、立ち位置、と変えて単体で撮っていきます。

彼女はスリムでスタイルがイイので立ち位置でのショットがキまるんですよ。ロングの髪も全体にボリュームを加えてバッチリでした。

「では、小休止後に動画撮影に入ります」

全体に告知するというよりも、途中からルームへ来たお客役の男優(お店のスタッフか!?)に声掛けするために、発したようなモノです。

こうしてメインの動画撮影は開始され、M嬢のアロマオイルトリートメントを中心に各部位へのマッサージを丹念に押さえていきました。
彼女の前開きのファスナー付き施術着からは、谷間が揺れていて健康的な色気を発散させているのが特にイイッです!

この「ベーシックコース」に加えて、衣装チェンジやディープリンパマッサージも有る「ラグジュアリーコース」も用意されているので、気分に合わせて「都会の楽園体験」を楽しむ事をオススメします!


北参道メンズエステ Edenエデンの動画はこちら。

-->