週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

2020-03-02

渋谷の一般エステ「エグゼクティブサロン アラック Arak」は、ボディの深層までトリートメントしてくれるゾ!

[渋谷・代々木]

私と営業担当のTは、仲良く撮影機材のバッグを待ちあって、渋谷から松濤までの道のりを歩いていました(※ひとりでも運べない事はないが、親睦を深めるためにあえて荷を二等分していたw)。

本日の撮影は、その都内有数の邸宅街・松濤にあるマンション型一般エステ「エグゼクティブサロン アラック Arak」の「松濤ルーム」で行われます。

このお店は、同じ渋谷駅利用の「並木橋ルーム」もオープンしたのですが、今回は「松濤ルーム」での撮影というわけです。

そのため、駐車場を見つけるのが難航するのは分かっていたので、私は電車でやってきて、渋谷駅で担当Tと合流して歩いていたのでした。

閑静な住宅街とはいえ、交通便が悪いわけではないので駅からは徒歩5分程でした。お目当てのマンション前に着くと、すぐに建物内に入れて完全個室の施術ルームまでスムーズに歩を進めます。

この辺のスムーズさは、さすがは海千山千の敏腕営業マンのTです。今回は打ち合せも済ませてあるらしく、さっそくセッティングに入りました。

今日の撮影に際しては、私にいつもよりも小さな(所持している外部ストロボの中でも最小ワットの)ストロボを2本立ててみる事にしていたんです。
「荷物は絞りたい、かといって光量が足りない恐れがないわけではない」という考えからです。初めてのお店って、緊張するんですよ!

結局、ルームを見て、一灯を最後尾に置き天井に向けて固定。もう一灯はケースバイケースでヤる事にしました。。
これは立体感が出て、特に動画撮影時に威力を発揮するという思慮からです。

そうやって準備をしていると、制服姿でセラピストのM嬢がルームへ入ってきました。
彼女はグラマーで肉感的! マッサージの塩梅はまだ分からないですけど、見た目はA級です!!
私見を述べさせていただくと、口唇の形がセクシーで魅力を増幅させているんですよね。

その彼女は、「おはようございます!」と言いながら、ストロボの位置をガン見していました。で、「カメラマンさんによって、やり方が違うんですね?」

と言って、鏡でメークの具合を最終確認しています。

「カメラを自分の好みで買うように、ストロボの位置とかアングルも“自分なり”にやんなきゃ面白くないでしょ? アシスタント出身だと“師匠そっくり”のライティングをする人もいるけどさ」

そんな雑談を交わしつつ、「じゃぁ、スチールからね」と合図して、いきなり撮り始めました。ここでは、ストロボは後方と右斜めからの固定で当てているので、ポーズを4パターン撮ってもすぐに終わりました。
動画で時間を取る可能性が大なので「巻き(早めに)」でヤったんですけどね…。

「じゃぁ、ここで男優サンを呼んでもらうからMさんは休憩しててください」

とは言ったものの、(男性スタッフと思われる)お客役のモデルはバスタオル1枚でドアの前で待機してくれていたようで、すぐにインです。

私は目でTに合図をして、「スタートしますっ!」と声をかけて、動画撮影をはじめました。なぜここで私がTに合図したかというと、施術の部位やアングルを変えるごとに、直接光に切り替えた照明1灯を「いちいち」移動させるように、頼んでいたからなのです。
そのお陰で、いい灯りが当たりました(笑)。

そして、M嬢は、いつものように全身をマッサージしていくのですが、特に膝裏、ふくらはぎ、足裏の連続施術が気持ち良さそうでした!
もちろん、背中や腹部も“効いて”いるのでしょう。国産の水溶性オイルを使って、体の中の深い位置に隠れている疲れを、トリートメントしてくれているようでした。

M嬢は見た目だけではなく、施術もA級のようですね。
こうして撮影は無事に終えたのでした!


エグゼクティブサロン アラック Arakの動画はこちら。

-->