週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2021-04-26

セラピスト独自のオプションと極上トリートメントでお出迎え!…海老名・一般エステ「THE BLANC ザ・ブラン 海老名ROOM」

[戸塚・本厚木]

これまで横浜・関内・伊勢佐木町・戸塚と、横浜界隈で優良エステとして名を馳せてきた「THE BLANC ザ・ブラン」が3月に海老名市(神奈川県)に新規オープンしたというので、私はさっそく撮影に行ってきました。
横浜でしか経験できなかった、プレミアムなメンズサロンが県央エリアでも堪能できるのですから、ご近所サンならずとも期待は高まりますよね。

今日の(も)私は、愛車のレガシー・ワゴン改を軽快にドライブして営業担当のEさんと待合せてあるJR相模線「海老名」駅西口(ほかに小田急、相鉄もアリ)に辿り着きました。
近隣のパーキングに駐車して、JR駅の北西側に機材を転がしながら行ってみると、既にEさんが待っていました。

「電車のアクセスが良かったので、久しぶりにFさんより早く着きましたよ」

と、挨拶をしながらニコやかに話しかけてきます。
「早く駅についたから」と子供の様に喜んでいる所が、微笑ましいというか大人げないというか…。私は、こういう人は基本的に好きです(笑)。

そのEさんに連れられて、キョロキョロと駅周辺を見廻しながら歩いていると一般(マンション型)エステ「THE BLANC ザ・ブラン 海老名ROOM」の入っている建物前に到着しました。
Eさんが店長に電話連絡をしている間に私は、黒革のハーフコートの立てていた襟を通常のスタイルに戻して、不審者と間違われないように身なりを整えました。
笑い話ですが、同業者がファンキーな服装で大荷物(機材)を抱えてマンション前で待機していたら何者かに通報されて、お巡りさんに「職質」を受けたという事もありますから(笑笑)。やはり、奇抜なファッションでも許されるのは、名の売れたカメラマンだけだという事です。

書いて字の如く“襟を正して”いると、Eさんの電話も終わり「直接、施術ルームへGo!」と指先でサインを出してきたので、そのまま個室へ。

そこには、本日のモデルを務めてくれるA嬢とお客役モデルを務めるB嬢が揃っていて、

「お疲れ様ですぅ」

と、ハーモニーでお迎えしてくれました。

私は美女2人の登場に鼻の下を伸ばしながら、スチール写真撮影用の照明をセットします。
ストロボを有線コードでニコンD7500に繋いで「準備ができましたので、こちらへ!」と、A嬢を壁バックに立ってもらい、撮影を開始しました。

私は膝から口元をカバーするために横向きで中腰の姿勢を取ってもらい、上半身と顔を正面に向けてもらいます。
A嬢は着痩せするタイプと(勝手に)見抜いたので、ウエストの“むちむち感”を表現したいと思ってのポージングでした。
仕上がりの判断は読者に判定してもらうとして、ここでスチール撮は終了!

そのまま私は、お客役のB嬢がスタンバイしているために、照明を急いで動画用の照明セッティングに換えていきました。
今回はお客モデルも女性のために、A嬢とB嬢の肌目を潰さないように照明は抑えめにしてレフでカバーしていく事にします。そのために、撮影前の打ち合わせをいつもより入念に行って、担当Eさんにレフ板の角度を覚えてもらいました。

そして、本番です。
A嬢はたっぷりとHOTオイルを使って、隅々の“コリ”をほぐしていきます。さすが、「極上のトリートメント」とPRするだけありますね。マッサージを受けるB嬢の表情が緩んできたのが分かりました。

そのほかにも、競馬のジョッキーのようなスタイルで背面をマッサージしたり、膝枕に頭をのせて鎖骨下~胸部を施術したりと、緩急をつけたアプローチは絶妙でしたよ。

また、セラピストによって異なるオプションも用意されているので、こちらの利用もオススメです!


THE BLANC ザ・ブラン 海老名ROOMの動画はこちら。