週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

2020-01-27

都内23区出張メンズエステ「高輪Ryugu」は異世界のハンド・テクを堪能できる!

[出張メンズエステ]

今回、私が訪れたのは高輪(港区)にあるメンズエステの「高輪Ryugu」です。
撮影のためにお店が用意してくれたのは、JR品川駅近辺の中程度のシティホテル。ここは派遣型なので、「お客目線できっちり撮りたい」とリクエストしたら営業担当のSさんも納得してくれて、撮影ルームをお店側と交渉してくれたというわけです。

動画となると、意外と細々としたところも写るので、読者を舐めていると反響どころかPV自体も上がらない事は店長もよ~くご存知でした。
そんなわけで、撮影場所の選定はスムーズだったみたいです。

私としても、撮る場所なりの臨場感が画面から出てくるので、この点にはこだわっているんですよ。それに、完全個室なのは言うに及ばず、ルームサロンのように「いかに落ち着いた雰囲気を表現できるか」といったカメラマンの腕前も披露できるので、結構好きなんですよ。

で、選んだのが品川駅界隈だったのでした。
なぜかと言えば、店から近いという事と、新幹線が品川駅にも停まるようになって以来、近辺のホテルは出張族の需要がアップしているから。

その動きに呼応してか、派遣型メンズエステの需要も伸びているらしいんですよね。
おりしも、駅前再開発が進んでオフィスビルが林立もしているし、「一丁、お仕事に励むオトーサン達のガイドブックになるように頑張って撮るか!」という気に私の気分もアガってきちゃいました。

とりあえず私はお店の担当者と私の担当・Sさんを洗面所・バスルームに押し込んでスチール撮影をはじめました。

シティホテルは採光が十分なので、本日のモデルのセラピストA嬢の影の部分から軽くストロボを当てるだけでOKでした。
A嬢は20代半ばでロングの髪を巻き気味にしていました。高級キャバかラウンジにいるかのような落ちついたたたずまいで、華やかさが全身から滲み出ています。

お顔もさる事ながら、太モモも“しなやか”なので強調するためにアオリ(下から情報へ)のアングルからのショットも押さえて、これにてスチール(写真)は終了です。

気づいたら200余枚も撮っていました。
「今日もオーバー100枚達成か!」
と軽く呟くと、A嬢は驚いたような喜んだような表情をしていました。

「センセイ、いつもこんなに撮ってるの? カメコ(カメラ小僧)ですかぁ(笑)?」

こうして打ち解けてきたので、休憩もソコソコに動画撮影に突入しました。彼女の「撮られているっ」という意識が薄れないうちに勝負をかけてしまうおう、という算段です。

こうした勢いを削がないために、私はスチールからそのまま動画も撮れるニコンD7500を使っているのです。
これだと、カメラを交換しないで済むし解像度も格段に進歩しているんで“より綺麗に”撮れるので、気に入っているんですよ。

実際の撮影では、A嬢の滑らかなハンドテクのおかげでお客モデルが小刻みに揺れて行く姿も的確に捉えられていて、担当Sさんは無言でOKサインを出しています!

その施術の流れに私は「なんで、ふくらはぎのマッサージってあんなに効くんだろうな? 跨って施術するからかな??」と思いながらファインダー(注:私は可動モニターは使わない)を覗いていました。

体を変える時のA嬢のモモ(特に内モモ)の揺れる様を見ていたら、私は一般のメンズエステなのに“よからぬ妄想”を抱いていまいました。
「ごめんなさい、Aちゃん」と心で叫びながらも、あがったデータは狙い通りに「エレガンスなA嬢」に仕上がっていました。モデルが良かったんですけどね…w。


メンズエステ高輪Ryuguの動画はこちら。