週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2022-01-07

全身をトリートメントして心身をリフレッシュ!…板橋・メンズエステ・「Dream Spa~板橋ルーム~」

[赤羽・板橋 メンズエステ]

きょうの私は撮影で板橋に来ていました。メンズエステ「Dream Spa~板橋ルーム~」です。私には縁もゆかりもない地ですが、いまや「住んでみたい街」都内ランキングに数えられるくらいクリーンで安全な地帯に変わった我が郷里・足立区とは違って未だ昭和情緒の残る街として、(勝手に)個人的に注目している近辺なのです。

そもそも東武東上線や乗り入れている都営三田線が、“雰囲気があって”イイんですよね。分かりやすく言えば、ソロバン塾の帰りに肉屋でコロッケをオヤツに買う「あの感覚」です(最近の若者には、通用しない世界観ですw)。

電車の最寄り駅・駅からの所要時間も、JR埼京線板橋駅(西口徒歩2分)、都営三田線新板橋駅(徒歩3分)、東武東上線下板橋駅(徒歩5分)と、とにかく渋いっ!
営業担当Nさんとの待ち合わせは、JR駅西口。私は長年の勘で「ここならこじんまりした駐車場があるだろうし、他の駅からの所要も近い」という理由で板橋駅にしてもらったのです。

他の駅の状況は不明ですが、板橋駅にはクルマを駐められて便利でした。おまけに、目指すメンエスへ近いので移動が楽! 勘があたったようです!!

お店取材にも滅多に訪れない駅前に行ってみると、Nさんは既に待ち合わせ場所にいて、

「お疲れ様です」

で、お互いに挨拶を交わしたのでした。

担当N「Fさんは、この辺の地理に詳しいって聞いたけど、家が近いの?」

私「滅多に来ないですねぇ。クルマで環七を使えば意外と近いかも」

こんな会話をしながら(Nさんとは、あまり組まないので実はお互いを知らないw)私たちは「Dream Spa~板橋ルーム~」に向けて歩きます。
そうして約2分(機材を運んでいるので、もう少しかかった)、お店の入っている建物前からNさんは店長に電話をして、到着確認と人数・撮影の段取りを確認していました。

私たちは店長の指示でワンルームの施術ルームに直行、いきなり単体写真を抑える事に。

ルームの前からNさんはインターフォンを押して、
「撮影でうかがいました。店長には話しが通っているかと思いますが?」

とトークマイクに話しかけると、

「聞いてますよ~。いま、開けますね」

という声とともに、玄関のドアが開く気配がします。

「どうぞ!」と言って私らを招き入れてくえたのは、本日のモデルを務めたB嬢でした。スラリと痩せているように見えますが、要所は発達したグラマー美女でした。

「大人が4人入ると、酸素が心配ですけどクリーナーを動かしているので気にしないでくださいね」と、なかなかの気配りです。

Nさんも物腰柔らかく、「担当のNです。カメラマンさんがセッティングしている間に撮影の順番を説明しますね」と、段取りを解説していました。
といっても、【単体スチール撮り→小休憩・男優合流→動画撮影…終了】とぺラ1枚に書いてある簡単なモノです。
大半を占めている余白はモデルのメモ欄にしてもらうスペースです。そのキメの細かさに、私は「ヤりやすさ」を感じていました。面倒くさがるコも多いんですけどね…。

「では、単体の写真からイきますね」
私は言うと、体は斜めで上半身を正面に向けた“胸が目立つ”ポーズと長い腕を利用して壁に手をかけるポーズを撮り流してスチール写真撮影は終了です。
その途中に、お客モデルをやってもらう男性モデル(スタッフ)も早めに合流してくれて、予定通りに進行していきます。

私と担当Nさんは、B嬢がお茶を飲んでいるうちに照明を動画用に換えて準備は万端です。お客モデルがバスタオルを巻いているうちに2灯スタンドを立て終えました。

「では、お待ちかねの動画を撮りますっ!」

この私の声を合図に撮影ははじまり、B嬢はお客モデルの全身をゆっくりと優しくアロマオイルで癒していきます。
両脚の間に入って内側のモモを揉みあげたり、手のひらに圧を掛けながら揉んだりと“ふたりっきりの世界”を完全個室で形成していったのでした。

これにて全撮影は終了です。私は打ち合わせで残るNさんを残して、赤羽~荒川~環七というルートで「住んでみたい街」に、帰っていきました。


Dream Spa~板橋ルーム~の動画はこちら。

-->