週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2021-12-31

DEEPリンパ/オイルマッサージ等の超絶テクを堪能!…中野・メンズエステ・「GARDEN(ガーデン)」

[中央線 メンズエステ]

1980年代、中坊の頃の私が熱狂していたバンドに「爆風スランプ」がありました。そこのリーダーにしてボーカルとして活躍したサンプラザ中野(現「サンプラザ中野くん」)の影響からかJR・東京メトロ東西線の中野駅にそびえたつビル「中野サンプラザ」(中野区)の前に立つと、身が引き締まる思いがします。

きょうの撮影は、メンズエステ(マンション型)の「GARDEN(ガーデン)」でした。この中野サンプラザの城下に広がる街・中野で行われました。
インディーズからメジャーへ駆け上がっていく途上に、必ず超えなければならない壁としてサンプラザはあったのです!
「私はいつになったら、カメラマンとしてのメジャーへの壁を超えられるのか…」なんて、将来に対しての見えない壁に対峙しながら気分は落ち込み気味でした。

と久しぶりの中野詣の感傷に浸っていると、営業担当のGさんが現れました。駅南口で待ち合わせていたのです。
「いま、ブロードウェイでレコードを物色してたんですけど、センセイ好みの渋めの出物がありましたよ。給料出たら買出しにきて、帰りに飲んでいきましょう!」

と、とにかく明るくてポジティブな点が好感を持てます。
「こりゃぁ、落ち込んでばかりもいられないな」と、気を持ち直して2人して「GARDEN(ガーデン)」に向かいます。

彼とはJ-POPは別としてもJAZZで共通の好みを持ち合わせがありました。そういえば「時間があれば70年代に渡米前の日野照正の参加しているアルバムが探せたかも」などと、食指をそそる“情報”をサラリと言っていました。う~ん、中野はやっぱり底が深いです(笑)。

そんな話をしていると、徒歩約5分で到着です。

「はい、ここです」とGさんは歩道上で立ち止まって店長に電話を掛けはじめました。多分、お店が入っている建物前にいるのでしょう。

「ここから“直”で施術ルームへ行きますよ。話しはつけてあるそうです」

そう言って再び歩き出しましたが、スグにルームへ到着です。Gさんはインターフォン越しに「撮影で来ました2人組です。店長から連絡は言ってると思いますが」

そう告げると、室内から、
「はい、聞いていますよ。いま、開けますね」

そうやって出迎えてくえたのが、本日のモデルを務めてくれたセラピストのK嬢でした。
ザックリとした男物のYシャツに糊を効かせてボーイッシュです。黒いショートパンツが見えないくらいシャツが大きいので、部屋に入るなり「穿いてる?」と聞いてしまった程です。

「嫌だなぁ~。穿いているに決まっているじゃないですかぁ(笑)」

と、いきなりの質問に笑顔で答えてくれたのでした。この笑顔で「掴みはOK!(©ダチョウ俱楽部)」です。

私は薄茶がかった照明にK嬢の肌目が潰されないように、同じアンバー系(薄い茶・橙色)のフィルターをレンズにハメて、膝立ちから胸元から上のアップでスチール用の写真をキめました。モニターに映った自分の肌の色と全体像を見て、彼女も「大人っぽいですね」と満足気でしたよ。

その出来をタタキ台にして、次の動画撮ではもう少しナチョラルなフィルターにして動画撮に臨む事に。
ちょうどK嬢が水分補給を終えた頃に、私と担当Gさんは照明を動画用に換え終えました。加えて、スチール撮の途中に入室してきたお客モデルの男優サン(スタッフ)の身支度も済んだようです。

「それでは皆さん、動画を回しますっ!」

という私の合図のもと、動画撮はスタートしました。

K嬢はオイルマッサージとDEEPリンパでお客モデルの体全体を癒しながら網羅していきます。ドバドバと大量にかけられたオイルが、お客モデルの体に浸み込んでいくようでした。まさに「全身アロマ」ですね。
あまりの気持ち良さに、“ため息が”でそうになるのをお客モデルがこらえているタイミングで施術は終了。そして、撮影も終了しました!

ちなみにGさんとは、「年末にでも、買出しに来ましょう」と、話しがつきましたよ(笑)。


GARDEN(ガーデン)の動画はこちら。

-->