週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2021-11-15

完全“オール込”の料金で、安心してやすらげる癒しのスポット…蒲田・メンズエステ「NocturneSpa~ノクターンスパ~」

[蒲田 メンズエステ]

私はJR蒲田駅(大田区)東口のパーキングに、愛車のレガシー・ワゴン改を駐めて、ロータリー付近の待ち合わせ場所に先着していました。
焼鳥屋が深夜まで営業していた頃には「よく飲んでいたっけなぁ」という想いに被せて、です。
その頃はクルマ移動が稀だったので、終電まで(終電がなくなっても)ホントに「よく飲んで」いたんですよ(笑)。

きょうも、電車で行きたいのをグッとこらえて愛車で赴いていたのでした。

するとそこへ、「お疲れ様です」と営業担当のRさんが駅前を横切りながら私に近づいて来たのでした。きょうは、彼の担当するメンズエステ(マンション型)「NocturneSpa~ノクターンスパ~」で撮影です。

私も自分の黒革のハーフコートの襟を立てたまま、

「お疲れ様です。空気が冷たくなってきましたね」

と挨拶を交わして、目指す「NocturneSpa~ノクターンスパ~」まで歩き出しました。それにしても、時節の挨拶ではありませんが日毎に大気が冷たくなっていくようなこの頃です。

そんな中年ふたりが猫背で歩く事,約3分。私たちは「NocturneSpa~ノクターンスパ~」が入っている建物に到着。スグに担当Rさんが、店長と連絡を取って「施術ルーム」まで直行する事になりました。

ルームの前に着くとRさんは勇んでインターフォンを押して、

「撮影で伺いました!」

と声を掛けています。

すると、パタパタと足音を立てて玄関のドアが開きました。

「こんにちは!寒くないですか?大丈夫ですか??」

とハツラツとした声に迎えられます。声の主は本日のモデルを務めてくれたセラピストのM嬢です。
彼女は身長が158mmとやや小柄で且つ小顔ですが、85cm(D)カップというグラマーなボディがソソらせてくれるギャル女性(!?:造語ですw)。肉感。
私も例外ではなく、M嬢を“チラ見”しつつスチール写真撮影用のストロボを組んでいたのでした。

その準備も終わり、

「では、『名鑑』からイってみましょうか!」

と声をかけて、きょうの撮影はスタートです。撮影の順番や段取りはRさんがM嬢に確認しているのでバッチリな様子でした。

私は、ニット系の地のシャツからこぼれそうな若さのエキスをカメラに収めるべく、アングルを変えて色々と撮りましたよ。もちろん、Dカップ乳のラインがさり気なく浮き出るように、胸元を狙う時には強めの光を当てるようにしていました。

「ふぅ~」

一気に撮り終えた私は、無意識に溜めていた息を吐き出しつつ、

「写真はここまで!後半は動画撮影に入ります!!」

と、休憩の合図を出します。

そうは言っても、私とDさんは照明を動画用に換えたりレフ板を設置したりと、細々とした作業に没頭せざるを得ませんでした。

お客役モデルをヤってくれる男優サン(スタッフ)も、準備に忙しそうです。

M嬢がメーク直しを終えたところで、いよいよ撮影は動画に突入しました。

「はい、回りました!」

ここからは、施術シーンの動画撮影になります。
M嬢は、いきなりオイルを大量にお客モデルに垂らして、その液体とともに指圧とかけて、
最初からお客モデルの要所を攻めていきました。滑らかさと力強さがミックスされたマッサージに、お客モデルは翻弄されているようです。実際に、気持ち良さそうな表情に徐々に変化していく過程がレンズ越しだとよく見えるのデス!

こうして撮影は終わりましたが、気になる情報を!
このお店は、料金が11のコンテンツ項目(含オプション)が全て“込み”になっています(詳細は要問合せ)。
これならば、懐具合を気にしないでくつろげますね。

Rさんと別れて帰る途中は、「せっかくだから、ショパンの「ノクターン(夜想曲)」でも聴きながら…」と、音源を探しました。しかし、私のクルマに車載してあるわけもなく、窓の上部だけを開けて“風の音”だけを聴きながら帰ったのでした。


NocturneSpa~ノクターンスパ~の動画はこちら。

-->