週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2021-10-01

「オイルざんまいパンチまみれ」で疲れた心身をリフレッシュ!…赤羽メンズエステ「アロマパンチ(AROMA PUNCH)」

[赤羽・板橋 メンズエステ]

知る人ぞ知る“みちのくパンチグループ”が満を持して東京に出店したというので、さっそくエース級カメラマン・Fこと私メ(誰も言ってくれないので、せめて自画自賛してみましたw)が撮影に行って参りました!

場所は都内でも有数の怪しげな街として名を馳せた赤羽(北区)です。私が駆け出しの頃までは、撮影でいろいろなお店を廻るのにも勇気がいりましたが、現在では昔のイメージは微塵も無く、駅前から繁華街までの道中でさえ『クリーン』です。

私はその地で撮影に臨むべく、イトーヨーカドーの裏手に愛車を駐めて、営業担当のTさんと待ち合わせたJR赤羽駅東口でたたずんでいたのです。

すると、ちょうど京浜東北線が停まったのか構内からTさんが吐き出されてきました。
そろそろ秋モノ全盛の装いの季節になりますが、オシャレなTさんはさっそく薄い辛子色の上下でキめ込んでいました。というよりも、これが彼に取っては普通の姿。そんじょそこらの若僧には出せな「紙一重の大人の渋さ」(褒めてるんですよww)を醸し出していました。
さすが、広告業界に来る前はアパレルにいただけの事はあります(笑)。

T「おはようございます。今日はウチもFさんを配してランク的には『松』態勢で乗り込みますので、よろしくお願いしますよ」

私「写真はともかく、赤羽には詳しいので任せてください!」

T「“写真のテク”が肝心なんですけど(大爆)」

こんな感じでTさんは、「あがり症」の私をほぐしてくれたのでした。優しいというか、策士ですよね。

そうやって、いつもの通り緊張をほぐしつつ2人で歩いて行くと、東口から約3分で(マンション型)メンズエステ・「アロマパンチ(AROMA PUNCH)」の入っている建物前に到着。そこから店長に電話をして直接、施術ルームへ乗り込む事となりました。

完全個室の施術ルームの前に立ったTさんは、インターフォンで「撮影で来ました!」と告げています。
室内からも、「はい、お待ちしていましたよ。スグに開けますからお待ちください」という声が私にも届きました。

「どうも!」

と、ムチムチっとしたボディが健康的でいて、なおかつ色っぽいK嬢が出迎えてくれます。タマゴ型のお顔立ちも愛くるしいです。

そんな彼女の姿を横目で見ながら、私はTさんに手伝ってもらいスチール写真撮影用のストロボを組み上げました。
そのまま、

「では、名鑑からイきますので座ってください」

どうしても全身を抑えると、人物が小さく映ってしまうので名鑑撮りは座った位置が多くなります。私は、片膝を立ててもらったり、体をひねって顔だけ正面を向いてもらったりしてスチール写真撮影を終了させました。

次は、お客モデルを入れ込んでフレームに2人入ってもらい“動画撮影”に移ります。
K嬢に休憩してもらっている間に、照明を動画用に換えてあるので「光」は回っています。

K嬢には、お店で独自に調合した水溶性オイルでオイルギッシュになってもらう、「アロマパンチ(AROMA PUNCH)」オリジナルの『元祖!オイルざんまい パンチまみれ』コースをメインに実践してもらいました。
内容の一部を明かすと、“オリジナルの水溶性オイルでパンチまみれ”になってもらうという凄い内容でした。詳細はお店でリアルに味わうか、問い合わせてみてください。

こうして、ヘトヘトになりながら施術シーンに喰らいついて撮影は終了。
なんとか「エース級カメラマン」の面目を保ったのでした(含願望ww)。


アロマパンチ(AROMA PUNCH)の動画はこちら。

-->