週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2021-09-03

泡アワのボディシャンプー+指圧・経路リンパの超絶ハーモニー…東中野メンズエステ・東中野「Selene セレーネ」

[中央線 メンズエステ]

東中野といえば、JR総武線でいうと新宿と中野に挟まれた谷間の駅という印象が強いです。その事に関して、私は否定する気持ちはサラサラありません。
ところが、そんな谷間で地味だからこそ滲み出る良さもあるんですよ。だいたい、このような駅は、まだ以前からある住居群も残っているので“地元愛”が強い!
新興のビルが進出しているかと思えば、古くからの下町風情も残っているので、ツボにはまれば、非常に住みやすいのです。

かくいう私メの地元(今も住んでいるのだ)足立区も、同じようなモノです。東武スカイツリー線でいえば「北千住」は、整備されて「新しい街」に生まれ変わっているものの、「小菅」や「竹ノ塚」などは、渋い趣を放っていますから、あははは(笑)。

なので今日の撮影現場、東中野「Selene セレーネ」には何となく親近感がありました。
そのような事情で、街の様子をキョロキョロしながら待ち合わせ場所の「東中野駅」(都営大江戸線「東中野」駅もアリ)東口に立っていると、総武線から降りたらしい営業担当のEさんが現れました。

「お疲れ様です」

クールビズのEさんとお互いに挨拶をして、さっそく東中野「Selene セレーネ」へと向かいます。とは言っても、「はい、ここでお待ちを!」とEさんは1分ほどで足をとめて何やら電話をかけはじめています。多分、店内にいる店長と連絡を取っているのでしょう。
案の定、電話を終えると「このまま施術ルームへ行きますよ!」との事でした。

ルームの前からはEさんがインターフォンで「店長から話しはあったかと思いますが、撮影で来ました」と告げていました。
すると、

「はい、聞いていますよ」

と返事があり、そのまま完全個室の施術ルームへ迎え入れられたのです。

そのドアを開けてくれたのが、本日のモデルを務めてくれたA嬢。オリエンタル調の入った施術着がボディラインを“モロ見”させてくれて色っぽいです。

「準備OKですので、このままスグに撮影でもイイですよ!」

と笑顔で申し出てくれました。

私と担当Eさんは、素直にA嬢の言葉を額面通りに受け取って、スチール写真用の照明をセッティング。「絞り」の調整をして、そのままA嬢の単体写真を連射していきました。
せっかくのボディラインだったので、サイドから撮ったり、正面からを抑えて撮り、ものの数分でスチール撮は終了です。

「ふぅぅ~っ」

と息を吐き出したA嬢は、「あまりにパシャパシャとテンポが速いから、息を止めちゃいましたよ(笑笑)」と、笑っていました。

そして、休憩を挟んで動画撮へ。
ここでは、お客モデル(男性スタッフ)と絡む(AVのソレとは違いますよw)ので、息を止めるわけにはいかないですが、こちらもスムーズに施術が進んでいきました。

特に基本となる「Basic」コースをなぞってもらったのですが、“ボディシャンプー(泡泡ボディシャンプー)+指圧+経路リンパ+シャワー”の一連の流れが、実に気持ち良さそうでしたよ!
オイルを巧みに使ってマッサージしたり、リンパを刺激したりと、A嬢はツボに「圧」をかけていた姿が印象的でした。

「Laxury」コースになると、Basicにアカスリとヘッドスパも加わるというのですから、気持ち良さは“増し増し”ですね。

こうして撮影を終え、私はお隣の中野駅チカにある「サンモール中野」のシンボルだったフジヤ時計店の大時計を写真に収めて帰りました。同店が今夏で廃業するために取り外すそうです。時代を刻んできたモノがなくなるのは、淋しいですね。


東中野 「Selene セレーネ」の動画はこちら。

-->