週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2021-05-03

全身オールハンド施術でくつろげる完全個室のリラクゼーションサロン…川越・一般エステ「Bonheur(ボヌール)」

[所沢・川越]

全身オールハンド施術でくつろげる完全個室のリラクゼーションサロン…川越・一般エステ「Bonheur(ボヌール)」

私は久しぶりに訪れた川越駅前(埼玉県)に立ち、あまりの進化度合いに驚いていました。
駅前は東口・西口ともに整備されており、今日の待ち合わせ地点の東武東上線「川越駅」の改札外商業施設は「ファイン川越」から「エキア川越」と名称を変えていたのです。

「15年ぶりだから、無理もないかぁ」と、ひとり納得顔をしていたのでした。
東武だけではなく、JR線の駅もあるので乗降客は多いですが、ソーシャルディスタンスのためか、ここから1km程離れた「蔵造りの街並み」は、そうでもない様子です。

クルマをパーキングに駐めた私は、そうやって隔世の感に浸りながらエキア川越の出入り口付近にいると、営業担当のGさんが現れました。

「お疲れ様です。駅前は“小江戸”の情緒とは無縁ですね」

「お仕事あるのみですよ、Fさん(笑)」

こんなやり取りをしながら歩きはじめて約4分で、一般(マンション型)エステ「Bonheur(ボヌール)」の入っている建物前に到着です。
Gさんは、スグに店長に連絡をして直で完全個室の施術室・Aルーム(ほかにBルームもアリ)へ。

そこでインターフォンを押すと、「はぁ~い」という声とともに、本日のモデルを務めてくれたセラピストのH嬢が出迎えてくれました。

彼女はストレートロングの黒髪で、胸がニット系の施術着が揺れる程の巨乳の持ち主でした。データによると84cm・Eカップという事でしたが、肉眼ではもっと大きく見えました。多分、ウエストが細いので胸が強調されるているのでしょう。

「おはようございます。メークの途中ですので、くつろいでいてください」

「こちらもセッティングがありますから、気にしなくてイイですよ。Hさんのペースでイきましょうよ」

そう言いつつ私と担当Gさんは、2灯照明の準備を進めていきます。
私は、H嬢の施術着がグレーなのを計算に入れて、いつもよりストロボの光量を落としました。衣装の反射が厳しそうだったからです。

ここで双方の用意ができたので、まずはスチール写真撮影からスタートしました。

「名鑑から撮りますよ」

私はH嬢に声をかけて、カメラの前で椅子に斜め掛けしてもらいました。顔出しはNGですが、くねらせて座ったウエストのラインと巨乳、ロングヘアが1フレームに収まりました。
そのポーズを逃さずにシャッターを切りまくって、スチール撮は終了です。

「Hさん、いったん休みましょう。私たちは動画用の準備があるので、男優サンを呼んでおいてくださいな」

「了解しましたぁ」

H嬢は顔にメーク用スポンジパフを当てつつ、そのままスグに受付に電話をしています。動きが速くてイイですね。

私らは動画用に照明のヘッドを換えて、スタンバイしていました。
そのタイミングでお客役モデル(スタッフと思われる)も施術ルームへ到着したので、さっそく動画撮影を開始しました。

H嬢はお客モデルの全身をオールハンドでマッサージしていきます。手指や前腕部も丁寧に振動させたり、揉みこんだりと細かな点まで“抜かり”ナシです。
現代人はPCの操作はもとより、何をするにも手・腕には疲労が溜まっている傾向があるので、この施術は効果的だと思われました。

また、アロマトリートメントも気持ちが良さそうでしたよ。
蛇足ですが、お客はフェイスタオルを顔に被せての施術になるので見えませんが、動作のたびに揺れるEカップ・バストが悩ましげ。これは、私の役得ですがたまには「良し」としてください(笑笑)。

こうして、全撮影を終えました。
そのあと私は、打ち合せで残るGさんと別れて、川越街道から浦和、川口を斜めに突っ切って足立へと帰って行きました。


Bonheur(ボヌール)の動画はこちら。

-->