週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2021-04-05

30代・40代の熟したセラピストと“めくるめく癒し体験”を…池袋・一般エステ「眠れる森のミセス 池袋ルーム」

[池袋]

今日は珍しく、愛車のレガシー・ワゴン改をJR池袋駅の地下街と繋がっているパーキングに駐車しました。場所的には明治通りの真下になります。
私は風俗取材をこなしまくっていた頃でも、仕事でココを使ったことはありません。それなのに、今日は好んで駐めているのは「(撮影対象は)駅から近いよ」と、営業担当のGさんに言われたからでした。
それも、「駐めるなら東口・西口のどちらでも。それほど駅から近いという事ですよ」と、まるで自分の事のように自慢していましたから(笑)。

「ならば!」というわけで、私はいつも使っている駐車場ではなくて、地下パーキングに入れたのです。

そうして機材を脇に置いて、私が池袋東(西武百貨店)口で待っているとGさんが雑踏の中から現れました。

「お疲れ様です」

と挨拶を交わして、私たちは「では、行きますか」というGさんの言葉を合図に歩き出しました。するとスグに一般(マンション型)エステ「眠れる森のミセス 池袋ルーム」の入っている建物前に到着です。担当Gさんは「ね、近かったでしょ?」と私に向かって親指を立てた「Goodサイン」を出しながら、スマホを取り出して店長に連絡をしている様子です。

「このまま施術ルームへ“直”に行きますよ」

私を従えて、Gさんはルームへ向けて建物へ入っていったのでした。お目当ての施術ルームに着いて「撮影で来ました」と要件を伝えると、室内から「お待ちしていました」という声が聞こえてきます。

すると、そこに現れたのはB嬢で、脂の乗ったボディをグレーの施術着に押し込んだ“美熟女”といった装いでした。
「お疲れ様です。よろしくお願いします」

とお辞儀をしてきた胸元を見て、私はドギマギしてしまったんですよ。胸元が大きく開いていて巨乳がこぼれそうなだけではなく、吸い込まれそうな肌の白さに目を奪われたのです。
この「眠れる森のミセス 池袋ルーム」は、30代・40代のセラピストが活躍しているというだけあって、B嬢も例外ではない様子ですね。大人の色香がムンムンと漂ってきていました。

私と担当Gさんは、急いで照明セットを組んでまずはスチール写真撮影の準備をします。
ほかのセラピストの写真に歩調をあわせて、セピア調に撮るわけですが、一工夫してウォームトーンとアンバー系のフィルターを噛ませて「より暖色に」仕上げてみました。

そのスチール撮が終わったところで、私たちは一呼吸を置きます。私も含めて皆の意識を動画撮影に切り替えるためです。
照明のヘッドを動画用に換えて、お客モデル(スタッフと思われる)に合流してもらい動画撮影に対するテンションが高まってきました。

そして、あらかじめセラピストの動きをB嬢に確認しておいて、動画撮影はスタートしました。
B嬢はお客の体の隅々を“手で舐める”ように、「滑らかに」そして「しっとりと」と、施術しています。まるで、翻弄するかのようにです。それが大人の魅力であり“癒し”なのでしょうね。

あわせて「ディープトリガー」も用意しているので(要問合せ)、リンパを重点的にヤりたい御仁にはオススメ。「大人の癒し」を体験するには絶好のエステといえるでしょう!


眠れる森のミセス 池袋ルームの動画はこちら。

-->