週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

2018-03-08

ハイレベルの“心と体の究極の癒し”を欲するなら、高円寺のメンズエステ「Bouquet toss ブーケトス」がオススメ!

[中央線 メンズエステ]

今日の撮影で私は、高円寺(杉並区)を訪れていました。この地では毎年夏場になると「東京高円寺阿波おどり」が開催されて、賑わう事でも有名。本場の徳島を除けば最大級の「阿波踊り」を楽しめるのです。

私の場合は、特に“連(れん。踊りのグループ、単位)”に所属して「踊る阿呆」になるわけではありません。ですが、スケジュールが許す限りは「見る阿呆」に撤して、沿道で売られているスダチ酎ハイ(四国から取り寄せたスダチを絞って味付けした「チューハイ」)を飲みながら、フラフラするのが楽しみなんですよ!

私は、そんな事情があるので、この街は個人的に好きなのですよ。

「早く8月が来ねぇかな。スダチ酎ハイが待ち遠しいぜ…」

などと昼間から夢想していると、待ち合わせたJR中央線・東京メトロ「高円寺」駅南口に営業担当のYさんが現れました。

「お疲れ様です。何かFさん、ニヤニヤしていましたよ。また、妄想ですか?(笑)」

こんな事を言われて冷やかされながら、2人は(マンション型)メンズエステ「Bouquet toss ブーケトス」に向けて歩き出しました。高円寺界隈には、意外と駐車場が多いので私の愛車はそこに駐めてあります。

そうして、駅南口から歩く事5分、「Bouquet toss ブーケトス」の入っている建物前に到着です。担当Yさんは、すぐさま店長に連絡して「そのまま施術ルームへ直行してください」と指示された模様。私に、「セラピストが待っているので、このままルームへ行っちゃいます」と、伝えてきました。

私たちは、教えられた完全個室の施術ルームへ行くと、そこにはセラピストのC嬢が待っていてくれました。

「おはようございます。いきなり知らない部屋へ案内されても怖いですよね?(笑笑)」

と微笑んで迎えてくれます。

ヘア&メークは終わっているようで、いつでも撮影はOKのようです。
C嬢はロングヘアが似合っていて、モデルかタレントのようです。それだけで「レベルの高さ」がうかがえますよね。性格も“気さく”で好感が持てましたよ。

私とYさんは、2灯ストロボを立てて、スチール写真撮りの準備を整えます。

「まずは単体から撮りますので、こちらへドーゾ!」

そうやって施術ルームの中央へC嬢を配置して、私は若干弱めの光でシャッターを押しはじめました。強い光で髪をピカピカに写すよりも、“憂い”を出した方が彼女にはイイと思ったからです。
撮り終えてPCでプレビューすると、C嬢は無言のまま何度もうなずいていました。どうやら、気に入ったようです。

「それでは、小休止後に動画撮影に入りますね!」

お客役モデル(男性スタッフ)も揃い、私も照明を動画用に換え終えたので動画撮をスタートさせました。

C嬢はホットオイル(水溶性)をたっぷりと使って、お客の体を溶かしていくようにマッサージしていきます。「溶かす」というのが不適切なら、「とろけさす」と形容すれば分かり易いですかね。
手の指、足の指もまんべんなく施術していきます。その施術のひとつひとつのレベルが高いので、トータルの「癒し度」もお客にとっては満足のいくモノとなるのでしょう。撮っていて納得の“満足度”でした。

また、「パウダー10分毎」や「ホイップ10分毎」やほかにも“各種waku×2オプション”(各要問合せ)なるオプションも充実しているので、楽しみも倍増しそうです。

こうして撮影を終わらせて、私はYさんと別れて環七方向へステアリングを切って帰路に。残念ながら、スダチ酎ハイは夏までオアズケです。もちろん、その時は電車で来ますけどネ!

-->