週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2021-02-15

ウォーターベッドはオイルマッサージとの相性が抜群!…表参道・一般エステ「表参道 High Grande -ハイグランデ-」

[渋谷・代々木]

オシャレなカフェや服屋が並ぶハイソな街・表参道(港区)。もちろん、ヒルズができる前から、その洗練さは変わりません。
私には全く縁のない地に思われますが、実はファッション企画の撮影をよくシていた時期があった関係で、結構、裏道まで詳しいんですよ(笑)。

その表参道を知り尽くした私が、なぜに今さら表参道に機材を携えて突っ立っていたのかというと、今日の撮影がこの地にある一般(マンション型)エステ「表参道 High Grande -ハイグランデ-」だったからでした。

その東京メトロ「表参道駅」の地上部分で営業担当のMさんを待っていると、渋谷方面から歩いて来る彼を発見して、私は右手を挙げて「ここにいますよ!」の合図をします。

「お疲れ様!」

と、Mさんも軽く右手を挙げて挨拶の代わりとしていました。それから合流して、私たちは撮影場所のエステ店へと向かいます。

「ここですよ」

Mさんは、「表参道 High Grande -ハイグランデ-」の入っている建物の前で足をとめます。ここまで徒歩約4分、都心としては超近です。他にも最寄りとしては、同じ東京メトロの「明治神宮前駅」(徒歩約9分)、「外苑前駅」(徒歩約9分)があり、それぞれに便利です。

そこからMさんは店長と連絡を取って、私らは直接に施術ルームへと誘導されて行きました。そこは高級プライベートサロンのような趣で、まるで“異世界に迷い込んだ”ような感覚を与えてくれたのです。そのうえ、

「おはようございます」

と、シックな声のトーンで迎えてくれたセラピストのA嬢の微笑が、何とも妖しくで色っぽい! 久々に「震えがくる美形だなぁ」(←私・カメラFの主観ですがw)と思いましたよ。

それに、ここでの施術にはウォーターベッドを使うオリジナルの技があるらしいので、私の心拍数は上がったままでした。

私は、「まずは壁バックで名鑑を撮ります!」と言い、Mさんとともに2灯ストロボを組み立てました。ウォーターベッドがあるのに、私はわざとスチール写真には写り込まないようにしたのです。
A嬢は「?」な表情をしていましたが、私は「わざとウォーターベッドを写さないんですよ。お楽しみは『のちほど』という意味で(笑)」と説明。納得したようで、動きにキレが出てきて数カット、100枚程度をあっという間に撮り切りました。

「では、今度はベッドを入れ込んでヌルヌルにした動画撮影に参りましょうか!!」

私がそう宣言すると、既にスタンバイしていたお客役の男優さん(男性スタッフかと思われる)がウォーターベッド上に仰向けに寝て、A嬢の施術シーンのスタートです。
私はスチール撮が終わった瞬間から、照明のヘッドを動画用に換えていたのですぐさま明かりをA嬢とお客モデルに当てました。
今回は、ベッドも重要なツールなので全体に光が届くようにMさんにはレフ板を持ってもらい、広範囲に光を廻しています!

このウォーターベッドを、施術に取り入れているのは稀有なので新鮮そのもの。オイルをドバドバと流し込んで、ヌルヌルになりながら“癒し”を得るのもイイでしょうね。
マッサージは「オールハンド」なので、温もりも感じられるはずです。
そして、特筆すべきは、これらの施術は各セラピストのオリジナルだという点。
ウォーターベッドとオイルの相性がイイらしく「どこまでも手が届くという感じ」とはA嬢の弁でした。

こうしたA嬢の隅々までも「癒していく」スタイルに必死に喰らいついているうちに、撮影は終了です。担当のMさん共々、撮影は思っていた以上に疲労感をともないました。でも、“心地良い疲れ”です!


表参道 High Grande -ハイグランデ-の動画はこちら。

-->