週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

2020-12-18

厳選したセラピストと2人きりで“至福の時間”を味わうなら、立川の一般エステ「TIANA~ティアナ~立川」へ行ってみよう!

[立川・八王子・国分寺]

今回の撮影は、立川の一般(マンション型)エステ「TIANA~ティアナ~立川」でした。私は待ち合わせ地点に向かうために、JR立川駅(立川市)南口へと機材一式を抱えて歩いています。クルマは昔から使っている、パーキングに駐めてありました。そこは、JRAの開催日以外だと“穴場的な駐車場”なので、よく利用させてもらっているのです。

そういえば、きのうのメイン(レース)は1000円はついたはず。きっと、まぁまぁの儲けを手にしている人が多いと予想されます。

「チクショー、羨ましいぜ。オレも今年は久々に“有馬”で締めるかぁ」
と、根拠のない自信を胸に南口に着くと、営業担当のSさんが、

「お疲れ様です」と挨拶してきて、間髪入れずに、
「何をニヤニヤしてるんですかぁ。おおかた、場外馬券場の脇あたりを通ってきたので自分でも『もう、取ったも同然』なんて妄想してたんでしょう?(爆)」

と、ギクッとするような事を言ってくるじゃないですか! 驚きましたよ、図星なので(笑)。

「いや、競馬における日本の経済効果について静かに考えていたところです(大爆)」

と答えているうちに、担当Sさんは私の機材バッグをひとつシェアしてくれて、ズンズンと歩き出して行きました。ここで「ズンズン~」と書きましたが、実際は徒歩3分くらいでスグに「TIANA~ティアナ~立川」の入っている建物に着いたので「ズン」が適当です。まぁ、それくらい駅から近いという事ですね。

その建物前の路上から、担当Sさんは店長に電話連絡をしています。多分、到着の報告と次の段取りの確認をしているのでしょう。Sさんは「行きましょう」と促して、今回のモデルの待つ完全個室の施術ルームへと向かいました。

そこには、施術着の上にスタジアムコートを羽織ったセラピストのT嬢が、

「おはようございます。寒い中、ご苦労様です」

と、暖かく私と担当Sさんを迎えてくれました。
部屋は暖房が効いていて寒くはないのですが、鳥肌にならないようにT嬢は気をつけているのでしょう。全身黒のノースリーブのミニワンピと、露出度が高いので彼女たちも大変です。T嬢は、小柄ながらスリムなボディラインとEカップ巨乳というグラマー体型。
見ていると寒さを忘れる「Hotな」体をしています。

私らは素早くストロボを組み立てて、まずはスチール写真を手早く撮り始めていきました。背筋を伸ばしてスリムさを強調していきます。

「はい、名鑑は終了です。Tさんは水分補給のあとでいいですから、男優さんを呼んでください。そのあと、すぐに動画にイきます」。

私は担当Sさんに手伝ってもらい、照明を動画用に換えてから、カメラを動画モードへ。
そして、お客モデルの男優さんが揃った時点で、すぐさま撮影をスタートさせました。部屋に漂う緊張した雰囲気を途絶えさせたくなかったのです。

T嬢も私の目論見を知ってか、テキパキとシーンをこなしていってくれました。
全身をマッサージする時などは、華奢なボディにも関わらずにお客モデルを至福の表情へと変えていきます。きっと、ツボを押える施術が卓越しているのでしょう。

そうしながら、全身のリンパをくまなく流しながらオイルトリートメントで、お客の不調を整えているようでした。「2人きりの空間」を楽しむには、最適のスペースと感じました!


TIANA~ティアナ~立川の動画はこちら。

-->