週刊エステ限定割

メンズエステ求人

メンズエステブログ

※下記の内容は動画撮影時の状況となります。
現在の内容(サービス、セラピスト等)は異なる場合がございます。

[NEW] 2020-07-10

厳選されたセラピストが提供するハイレベルなリラクゼーション…新宿・一般エステ「ANNA(アンナ)新宿ルーム」

[新宿]

今日の撮影は、新宿の一般(マンション型)エステ「ANNA(アンナ)新宿ルーム」でした。
このお店は、綺麗なセラピストが多いという評判の同名のエステ店「五反田ルーム」の系列という事なので、私は密かに期待していたのでした。

職業柄なのか、私は一般エステでも風俗エステでも、どうしても施術ばかりに気を取られてしまいます。そうなると、セラピストのビジュアル要素のチェックがどうしてもおろそかになってしまう時もあるんですよ。
「時間に追われている」とか、言い訳を挙げたらキリがないし、それはどのカメラマンも条件的には一緒なので、結局は“私の度量不足”という事になってしまいます。

それではフリーランスで食っていく資格がありません。干されたら「ハイ、それまでよ」ですので。
ですから時々私は、そんな自分に“活!”をいれているのです。
その方法はいくつかあるのですが、今日はその「活入れ」のひとつ、『撮影前にカツ丼を食べるっ!!』という儀式を、地元で済ませてきているので“やる気満々”でした。
気分はルーティンを大事にする元メジャー・リーガーのイチローです。彼の場合は、地元の試合の時には必ずカレー(後年は止めている)を食べて球場入りをしていたとか。
ハッキリ言って「そのマネ」なんですけどね(笑)。

そうやって「今日はセラピストのビジュアルから立ち居振る舞いまで、つぶさにチェックするぜ!」と、気合いは充分です!
そうした気構えのもと、地下鉄「新宿三丁目駅」のC8出口から地上へ出た地点で待ち合わせていた営業担当のIを待っていたのでした。
ちなみに、今日もクルマでの入り。伊勢丹の駐車場にレガシィ・ワゴンを駐めてあります。

「それでは、行きますか!」と、いつものように待ち合わせ時間通りに現れた担当Iに対して私は「おうよ!」と、いつになく気負って応えたのでした。

そこからは、歩いてすぐの場所に「ANNA(アンナ)新宿ルーム」が入っている建物があるので、すぐに到着です。
完全個室の施術ルームに、直接、伺うとそこには「おはようございます!」と声をかけてきた店長とセラピストのM嬢がいました。

「暑い中、お疲れ様です。Gさんは後ほど、打ち合わせを…」と言って、店長は部屋を出て行きます。私はさり気なくですが、M嬢をチェックしましたが想像していたよりも『レベルが高い!』事にニンマリです!!

全体のフォルムは、成熟したオンナのボディライン。ですが、痩せすぎてはいないで「実戦向き」のしなやかな肢体です。
それに胸も大きくてイイですね。個人データが私のところまでは廻ってこなかったので詳しい数値は分かりませんが「オーバー90cm、Eカップ以上」と見ました。

それに挨拶もきちんとしているし、質問にもテキパキと答えていたので頭の回転も良さそうです。そして、何より“笑顔がかわいい”のが持ち味です。基本、美人ですし…。
「さすがは『五反田ルーム』の流れだな」と、納得しました。

そうした分析をしつつ、私はまずは2灯のストロボを立ててスチール撮影へ。胸の谷間がチラ見できるような角度で数種類のポーズでキメてみました。

続いてのお客モデルの男優(スタッフ?)を交えての動画撮影では、施術を披露してもらいました。
オイルを多量に使った、手のひらのマッサージや首のツボへの施術が特に気持ち良さそうでした。もちろん、他の部位も「なめらかさと力強さ」の緩急が抜群のバランスで効いていたみたいでした。

こうして施術もチェックしつつ、今回は入念にセラピストの“見た目”にもこだわって撮影していた次第です。


ANNA(アンナ)新宿ルームの動画はこちら。

-->